にきびの原因[食生活]について

食生活とにきびの原因について、因果関係や科学的に証明されているわけではないですが、一般的に下記の様な食品等はあまり好ましくないと言われています。

 

チョコレート
/甘い食品
ケーキやチョコレートに含まれている糖分は、消化されると脂分に分解されてしまいます。

脂分は、にきびの元にもなっている皮脂を作る事になるので、にきびの原因にもなると言われています。

油っこい食品
(揚げ物・スナック菓子)
揚げ物には動物性脂肪が含まれており、その動物性脂肪は血液の中の中性脂肪を増やす働きがあります。

結果的に、にきびの元にもなっている皮脂を作る事になるので、にきびの原因にもなると言われています。

ナッツ類 ナッツにはビタミンB群が豊富に含まれているため、細胞の再生を促進する働きもあり、肌にはよい影響を与えるはずです。

しかし、加工品として販売しているナッツ類には、色々な添加物を加えてあったり、また脂肪分も多い食品なので、食べ過ぎてしまうとにきびの元にもなる皮脂の増加にも繋がるという事なので、ほどほどがいいかもしれません。

カフェイン カフェインには利尿作用があり、体内のビタミンやミネラルを体外に排出してしまう作用があります。

ビタミン類が不足すると肌荒れを起こしたり、肌が脂っぽくなる原因になることがあるため、にきびを悪化させる可能性はあるそうです。

カレーやエスニック
フードなどの
スパイシーな食べ物
日本人は元々辛い食べ物や刺激物に対しては抵抗が弱い傾向があり、刺激物を食べると胃が荒れたりする事があります。

胃が荒れると内臓に負担がかかり、結果的ににきびができやすくなるのかもしれません。
また、刺激物を食べると血行が促進されますが、刺激物に対しての抵抗力が弱い日本人は過度に血行が促進されるため、にきびを悪化させる原因に繋がるのかもしれません。

添加物の多い食品 添加物が多く含まれている食品は、食べ物が長持ちしたり腐りにくくなります。

腐ってしまう食品を腐りにくくするという事は、自然の摂理に逆行するという事なので、あまり身体にいいとは言えませんね?
身体に良くはない食品添加物が体内に入ると、身体は解毒の為に活性酸素を作ります。
少量なら身体にはいいのですが、それが大量に生産されると、細胞を傷つけたり皮脂を酸化させ毛穴を詰まらせ、にきびの原因となるわけです。

海藻類 昆布やワカメなどの海藻類には、ヨウ素(ヨード)が多量に含まれています。

ヨウ素は甲状腺ホルモンの成分になる必須ミネラルですが、過剰に摂取するとニキビを悪化させる要因になります。

ダンディハウス