にきびの原因[飲酒]について

アルコールには血行促進の効果があり、適度な飲酒に関してはメリットも大きかったりするのですが、過度の飲酒は身体に悪いだけではなく肌にも悪影響を及ぼします。

 

お酒と肝臓の関係はよく知られており、肝臓が摂取したアルコールを無毒化する手伝いをしているわけですが、もし肝臓が機能しなくなると血液が汚れ、その血液がにきびを悪化させる原因になりかねないという事です。

 

また、お酒にはにきびの原因にもなる糖を多く含み、皮脂の代謝を促すビタミンB群を大量に消費する事も、にきびの増加に繋がります。
そして、深酒による夜更かしも、にきびを悪化させる原因になります。

ダンディハウス